見どころ写真と歴史      
        
橋立漁港近辺
               
本文へジャンプ
 








藩の財政も助けた
北前船主たちの町

 加賀市の橋立町、瀬越町(せごえ)、塩屋町などの海岸地方は古くから「浜方」(はまかた)と呼ばれています。

 昔この浜方は、北前船主を輩出したところで、北前船の古里として知られています。
 藩政末期、膨大な赤字に悩む大聖寺藩が、かろうじて財政を維持できたのは、これら北前船主たちからの献金があったからと言われています。

 北前船とは、江戸時代中頃から明治時代にかけて、大阪を基点に瀬戸内海から日本海を抜けて北海道までの航路を、積荷を商売しながら各地の港に寄港した商船のことを言います。

 1796年の「船道定法記」(ふなどうじょうほうき)に寄れば、当時の橋立村には48名もの北前船主がいたと記録されており、明治から大正期には「日本一の富豪村」として広くしられていました。

 今でも、往時の面影を残す豪壮な船主邸や高く積まれた石垣・土塀などが残っています。

 

 








   
    橋立の町には、石積みの壁、道が多い
    豪壮な木組みの屋敷、遠く海原を見晴かしている松原
    海の男が作った町並みが、昂然の気を養ってくれます